PC、スマホ周辺機器

KOVOLの65WPD 充電器レビュー|小型で持ち運びにも便利

KOVOLから販売されている、65Wの4ポートPD充電器をレビューしました。シンプルでデザインも良く、結構いい製品だと思いました。

 

こんな方におすすめ

  • 小型で便利な充電器を探している方
  • PCやタブレット、スマホを所有されている方
  • 自宅だけでなく外出用にも使用したい方

 

この記事の内容

  • KOVOLの65W充電器
  • KOVOLの65W充電器の外観
  • KOVOLの65W充電器を使った感想

 

今回ご紹介するのは、こちら。

 

今回レビューする製品ですが、KOVOL様よりご提供いただきレビューしました。

 

ガジェット大好きなパイクーがお伝えします。

 

KOVOLの65W PD充電器レビュー

今回ですがKOVOLから販売されている65WのPD充電器のレビューになります。

まずはこちらの製品の結論から。

 

結論

小型でデザインがよく出張などにも便利な、使い勝手のいい充電器

 

デスクや出張時に使いやすい充電器

KOVOLの充電器は4ポート搭載モデルのメガネケーブル対応のモデルとなっており、自宅のデスクや出張時の持ち運びに適した充電器となっております。

普段ノートPCやタブレット、スマホをよく充電される方、出張の多い方、デスク用の充電器をお探しの方にちょうどいい充電器だと感じました。

 

では具体的にどのような製品となっているのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

KOVOLの65W PD充電器の開封

まずはKOVOLの65W充電器を開封していきたいと思います。

 

国内の連絡先が記載

箱の背面を確認すると、日本国内で対応してくれる会社の住所と電話番号が記載されておりました。

もし製品にトラブルがあったとしてもすぐに連絡することができるため、非常に安心ですね。

 

早速開封していきます。

 

同梱物の確認

同梱物については、以下のとおりとなっております。

 

同梱物

  • KOVOL65W充電器本体
  • メガネ型の電源ケーブル1.5m
  • 取扱説明書

 

日本語で記載の説明書

同梱されている説明書に関してですが、こちらは日本語に対応した内容となっておりました。

また先ほどもお伝えした、日本国内の連絡先が記載された用紙も同梱されていました。

 

KOVOLの65W充電器の外観

KOVOLの65W充電器の外観をチェックしていきたいと思います。

 

高級感のあるシンプルなデザイン

KOVOLの65W充電器は横4cm × 高さ4cm × 奥行き7.6cmのコンパクトなサイズ感で、非常に高級感のあるシンプルなデザインが特徴となっております。

 

PDポート2つ、QCポート2つの合計4ポートモデル

KOVOLの65W充電器はUSB TypeC(PD)ポートが2つ、USB TypeA(QC)ポートが2つの、合計4ポート搭載の充電器です。

 

上部にKOVOLのブランドロゴ

充電器の上部にはKOVOLのブランドロゴが記載されており、目立たずさりげないデザインとなっております。

 

マットな色味の大きすぎないロゴで、個人的には結構気に入ったデザインでした。

 

指の脂はつきやすい

KOVOL充電器の側面はマットな質感となっており非常に高級感を感じるデザインとなっているのですが、指の脂がつきやすく汚れが目立ちやすいため注意が必要です。

 

充電器の重さ

単体で164g、ケーブル込みで249g

KOVOLの65W充電器の重さについてですが、充電器単体で164gメガネケーブルと合わせると249gとなっていました。

 

AUKEYの充電器と比較

AUKEYとKOVOLのサイズ比較

筆者が普段使用している、電源プラグ内蔵型のAUKEYの65W PD充電器とサイズを比較してみました。

 

2ポートモデルよりも少し大きめ

上記の画像を見ていただくとわかるように、AUKEYの充電器に比べてKOVOLの充電器は少し大きいサイズ感となっております。

 

KOVOLとAUKEYで比較

KOVOLの充電器とAUKEYの充電器の重さを、それぞれ測ってみました。

プラグ内蔵型の充電器との比較にはなっていまいますが、KOVOL充電器が164gであるのに対し、AUKEYは105gとなっており、KOVOLの方が61gほど重くなっています。

 

普段カバンに持ち歩くのであれば、プラグ内蔵型の充電器の方がおすすめかな。

 

 

KOVOLの65W充電器の仕様

KOVOLの65W充電器の仕様については、以下のとおりです。

 

製品名 KV-PC002
入力 100~240V,50~60Hz,1.5A Max
PD出力(USB TypeC) 5V-3A,9V-3A,15V-3A,20V-3.25A,65W Max.(各ポートより)
QC出力(USB TypeA) 5V-3A,9V-2A,12V-1.5A,18W Max.(各ポートより)
合計出力 65W

 

単ポート使用でMAX65W出力が可能で、4ポート同時に使用した際は合計で65W出力が可能なモデルとなっております。

また電源入力は100~240Vに対応しているため、日本はもちろん海外でも問題なく使用が可能です。

 

メガネケーブルを使って入力するタイプ

KOVOLの65W充電器はメガネケーブルを接続して電源を供給する仕様となっております。

 

1.5mのメガネケーブルが付属

1.5mのメガネケーブル

同梱されているメガネケーブルの長さは1.5mとなっており、ケーブル径も太すぎない使用しやすいものとなっておりました。

 

メガネケーブルは同梱されているものでなく別途購入することも可能なので、短いケーブルのものを使用したり、より長いケーブルのものを使用することもできるためとても便利です。

 

created by Rinker
サンワサプライ(Sanwa Supply)
¥400 (2022/12/06 21:10:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

充電時の出力数

Amazonより引用

KOVOLの65W充電器の出力についてですが、単ポート使用の場合でMAX65W出力4ポート使用の場合で30W+20W+15W(2ポート合計)となっております。

 

推奨される充電量

  • iPhone:20W
  • iPad:20W〜
  • MacBookAir:30W~
  • 一般的なWindows PC:45W~
  • MacBookPro:65W~

 

65W充電器が一般的

上記の推奨される充電量の一覧を見ていただくとわかるように、一般的に使用されているスマホやタブレット、ノートPCの充電器は65Wあれば基本的には問題なく充電を行うことができます。

「普段はノートPCを2台持ち歩いていて、それぞれの充電を充電器1台でまかないたい」というユーザーでなければ、基本的に65W充電器を持っていればOKです。

 

KOVOLの65W充電器で充電してみた

ここからは実際にKOVOLの65W充電器を使用し、どのくらいの出力で充電ができるのかテストしてみました。

 

今回はMacBookAir(M1)、11インチiPad Pro(第2世代)、iPhone 13 Pro、Apple Watch Series6を使用してテストしてみました。

 

KOVOL充電器にメガネケーブルを接続

まずはKOVOL充電器に付属のメガネケーブルを接続します。

 

この時上下の向きは関係ないため、差しやすい方で問題ありません。

 

コンセントにメガネケーブルを接続

KOVOL充電器にメガネケーブルを接続したら、メガネケーブルをコンセントに接続して使用します。

 

自宅のコンセントが離れた位置にある場合でも、メガネケーブルを使えば好きなところで利用できるから便利。

 

MacBook Airを充電

MacBook Airの充電量45W(20V,2.5A)を計測

USB TypeCポートとMacBook Airを接続した際の充電量については、以下のとおりでした。

 

USB TypeCポート:MacBook Air-45W(20V,2.3A)

 

iPad Proを充電

iPadの充電量30W(15V,2A)を計測

USB TypeCポートにiPad Proを接続した際の充電量については、以下のとおりでした。

 

USB TypeCポート:iPad Pro-30W(15V,2A)

 

MacBook Air・iPad Proの2台を充電

Mac BookAirは40W(20V,2A)

iPad Proは20W(12V,1.6A)

 

MacBook AirとiPad Proの2台を同時に充電した際の出力量については、以下のとおりでした。

 

  • USB TypeC-1:MacBook Air-40W(20V,2A)
  • USB TypeC-2:iPad Pro-20W(12V,1.6A)

 

MacBook Air・iPhone 13 Proの2台を充電

iPhoneの充電量18W(9V,2A)を計測

MacBook AirとiPhone 13 Proの2台を同時充電した際の充電量については、以下のとおりでした。

 

  • USB TypeC-1:MacBook Air-40W(20V,2A)
  • USB TypeC-2:iPhone 13 Pro-18W(9V,2A)

 

MacBook Air・iPad Pro・iPhone 13 Proの3台を充電

MacBook Airは30W(20V,1.5A)

iPad Proは20W(12V,1.6A)

iPhone 13 Proは10W(5V,2A)

MacBook Air、iPad Pro、iPhone 13 Proの3台同時充電の出力量については、以下のとおりでした。

 

  • USB TypeC-1:MacBook Air-30W(20V,1.5A)
  • USB TypeC-2:iPad Pro-20W(12V,1.6A)
  • USB TypeA:iPhone 13 Pro-10W(5V,2A)

 

MacBook Air・iPad Pro・iPhone 13 Pro・Apple Watchの4台を充電

iPhoneの充電量5W(5V,1A)を計測

最後にMacBook Air、iPad Pro、iPhone 13 Pro、Apple Watchの4台同時充電の充電量については、以下のとおりでした。

 

  • USB TypeC-1:MacBook Air-30W(20V,1.5A)
  • USB TypeC-2:iPad Pro-20W(12V,1.6A)
  • USB TypeA-1:iPhone 13 Pro-10W(5V,2A)
  • USB TypeA-2:AppleWatch-5W(5V,1A)

 

仕様表どおりの出力量を確認できた

KOVOLの65W充電器をテストしてみた結果として、仕様表どおりの出力量を確認することができました

再度、KOVOL充電器の出力量についてまとめておきます。

 

充電器の出力量

単ポート使用 TypeC-1(PD 65W) TypeC-2(PD 65W)
TypeA-1(QC 18W) TypeA-2(QC 18W)
2ポート使用 TypeC-1•2(PD45W,PD20W)
TypeC,TypeA(PD45W,QC18W)
TypeA-1•2(2ポート合計15W)
3ポート使用 TypeC-1•2,TypeA(PD30W•20W,QC15W) TypeC,TypeA-1•2(PD45W,2ポート合計15W)
4ポート使用 TypeC-1•2,TypeA-1•2(PD30W•20W,2ポート合計15W)

 

発熱が少なく熱くなりすぎない

KOVOLの充電器ですが、発熱量がかなり少ない印象を受けました。

4ポートを同時に使用している際でも発熱量が少なく、本体を触っても多少温かくなる程度となっていました。

 

熱が少ないため安心して使えるのはいいね。

 

まとめ:多デバイスを利用される方におすすめ

以上、KOVOLの65W充電器のレビューについてお伝えしました。

今回お伝えした内容を再度まとめていきます。

 

KOVOL65W充電器のおすすめな点

KOVOL65W充電器のおすすめな点については、以下のとおりです。

 

ココがおすすめ


  • 小型で持ち運びしやすい4ポート搭載の充電器
  • ノートPCやタブレット、スマホなどを同時充電可能
  • デザインも良くデスクで使用しても見栄えがいい
  • メガネケーブルは意外と便利
  • 発熱が抑えられていて安心して使用できる

 

kOVOL65W充電器ですが全体的に質が高く、幅広い方におすすめできる充電器だと感じました。

 

自宅でのデバイスの充電用として使用するのはもちろん、外出時や出張時などの使用にもとても使いやすく、さまざまな方に使用していただける製品だと思います。

 

KOVOL65W充電器の注意点

KOVOL65W充電器の注意点については、以下のとおりです。

 

ココに注意


  • プラグ内蔵型充電器と比較して少し重め
  • 指紋がつきやすく汚れが目立ちやすい
  • あまり知られていないメーカーのため購入時に戸惑う

 

KOVOL65W充電器の表面は皮脂がつきやすく汚れが目立ちやすい素材となっているため、神経質な方にとっては非常に気になるかもしれません。

またKOVOLというメーカーに馴染みがなく、購入時は少し戸惑われる方もいらっしゃるかもしれないなと感じました。ただ今回製品をテストしていく中で、非常に質が高く安心して使用できる製品である点取扱説明書が日本語に対応している点トラブル時の連絡先(住所と電話番号)が記載されている点などは安心して使用できると思います。

 

 

以上、パイクーでした。

-PC、スマホ周辺機器