iPad PC、スマホ周辺機器

【レビュー】Lentionのガジェット収納ポーチ【Apple Pencilの持ち運びに便利】

Lentionから販売されているガジェット収納ポーチを購入してレビューを行いました。Apple Pencilを保護しつつ運搬することはできるものの、気になる点のあるポーチとなっておりました。

 

こんな方におすすめ

  • iPadをよく利用される方
  • Apple Pencilの持ち運びに悩んでいる方
  • ガジェットポーチを新調したいとお考えの方

 

この記事の内容

  • Lentionのガジェットポーチ
  • Lentionのガジェットポーチの外観
  • Lentionのガジェットポーチの収納スペース

 

今回ご紹介する商品は、こちら。

 

ガジェット大好きなパイクーがお伝えします。

 

【レビュー】Lentionのガジェット収納ポーチ【Apple Pencilの持ち運びに便利】

今回ですが、Lentionから販売されているガジェット収納ポーチのレビューを行っていきたいと思います。

 

Lentionのガジェット収納ポーチを購入した理由

まずはLentionのガジェット収納ポーチを購入した理由からお伝えしていきます。

 

購入した理由

  • Apple Pencilを気軽に持ち運びたかった
  • 持ち運びたいガジェットが増えたので、大きなモデルが欲しかった

 

Lentionガジェット収納ポーチを購入する前は、Fintieの収納ポーチを利用していました。

Fintieの収納ポーチは非常にコンパクトでApple Pencilの収納スペースが用意されたモデルとなっており、すごく気に入って使用していたのですが、サイズがコンパクトすぎて厚みのある充電器が収納できないのが悩みでした。

何か他に便利なガジェットポーチはないだろうか?と探していたところ、Lentionのガジェットポーチが良さそうだなと思い、購入することにしました。

 

【レビュー】FINTIEのApple Pencil用ハードケースを購入

続きを見る

 

Lentionガジェット収納ポーチの結論

Lentionガジェット収納ポーチを実際に使用してみた結論としては、以下のとおりです。

 

結論

  • 全体的に安っぽい作り
  • サイズの割に収納がイマイチ
  • Apple Pencil用のスペースが便利

 

Lentionのガジェット収納ポーチについてですが、Apple Pencilの収納スペースも用意されておりなおかつサイズもちょうどいい、自分にとって求めていたポーチそのものでした。

ただ残念な点も多く、サイズの割に細かなガジェットが収納しづらい点や、ポーチ自体が全体的に安っぽい作りとなっていた点が気になりました。

 

ではLentionのガジェット収納ポーチがどういった商品になっているのか、具体的に見ていきた思います。

 

Lentionガジェット収納ポーチの外観

まずはLentionガジェット収納ポーチの外観から確認していきたいと思います。

今回購入した収納ポーチですが、8.4インチの大きなサイズのものを購入しました。

 

正面から見るとLENTIONというロゴマークが印字されておりました。

 

背面には特にロゴマークなどはなく、シンプルなデザインとなっております。

 

Lentionガジェット収納ポーチのサイズ

Lentionガジェット収納ポーチのサイズについてですが、横幅が約21cm、縦幅が約10cm、厚みがやく5.2cmとなっておりました。

片手で持った時に持つことのできる限界くらいのサイズかなと思いました。

 

筆者が普段使用している6.1インチのiPhone11と比較すると、上記のような感じですね。

スマホよりも一回り以上大きいサイズ感となっておりました。

 

衝撃を吸収するハードケース

Lentionガジェット収納ポーチは衝撃に強いEVA素材を使用した作りとなっており、カバンの中に入れても安心してガジェット運搬することができます。

また頑丈すぎて本体が重くなりすぎない、ちょうどいい衝撃性能を持っているように感じました。

 

使用されているチャックはノーブランド

使用されているチャックには記載がなかったため、ノーブランドのものとなっておりました。

またこのチャックはポーチに1つしか付いていないため、どちらか片方からしか開封することができない仕様となっていました。

 

チャックの動きも少し悪く、ポーチの角部分に少し引っかかる感じがあったりと、あまり質としては良くないチャックだなと思いました。

 

Lentionガジェット収納ポーチの内観

では続いては、Lentionガジェット収納ポーチの内部を詳しく確認していきたいと思います。

 

ケースの片側にはApple Pencilを収納するためのスペースが用意されており、その横には2箇所ほどゴムバンドで収納できるスペースが用意されております。

もう一方のケース収納スペースはメッシュ素材のスペースとなっており、細かいガジェットを収納できるような作りとなっておりました。

 

FintieとLentionの比較

Fintieのガジェット収納ポーチ

では筆者が今まで使用していたFintieの収納ポーチとLentionの収納ポーチを比較していきたいと思います。

 

FIntieのガジェット収納ポーチは非常にコンパクトで薄いモデルで、Ankerの30W充電器の厚みがギリギリ収納できる程度のサイズとなっていました。

そのため収納を諦めていたものもあったので、Lentionのポーチであればどこまで収納が可能なのか見ていきたいと思います。

 

左がLention、右がFintie

Lentionの収納ポーチとFintieの収納ポーチのサイズの違いについてですが、Lentionの方が一回りほど大きなサイズとなっており、多くのものを収納できそうな感じですね。

 

では実際にどれくらいのガジェットを収納できるのか、試していきたいと思います。

 

Lentionガジェット収納ポーチに収納してみた

ではここからはLentionガジェット収納ポーチに実際にガジェット類を収納していきたいと思います。

筆者が収納したいと思っているガジェット類については、以下のとおりとなっております。

 

収納したいガジェット

  • Apple Pencil
  • BelkinのUSBハブ
  • AUKEYの65W充電器
  • USB TypeC-Cケーブル
  • USB TypeC-Ligntningケーブル
  • Ankerアップルウォッチ用充電器

 

そこまで数は多くはないものの、少し大きなものから細かいものまで幅広い内容となっております。

 

Apple Pencilの収納スペース

まずは筆者が最も重視しているApple Pencilの収納スペースについてみていきたいと思います。

Apple Pencilをスペースに入れてみたところスッと収納することができたため、ちょうどいいサイズ感になっているように感じました。

 

またApple Pencilを収納してからも内部でペンシルが動いてしまうことなく、しっかりと収納することができておりました。

 

Apple Pencilの収納スペースですが内部で少し浮いた作りとなっているため、中に他のガジェットを入れていたとしても当たって傷がついてしまうということがないような工夫がなされていました。

 

Apple Pencilの収納スペースは非常に満足のいく作りになっていると感じました。

 

色々試行錯誤の結果、筆者が持っているガジェットを入れてみたのが上記の画像となります。

やってみて感じたこととして、Ankerアップルウォッチ充電器のような細かいガジェットですが、収納しづらかったですね。

メッシュの収納スペースに入れてみるものの収納スペースが広すぎて、収納ポーチの内部で充電器が動いてしまっていました。

そのため左のゴムバンド部分に収納することにしたのですがここでもスペースを余らせてしまっているため、小物の収納には適さないポーチであると感じてしまいました。

 

まとめ:細かい点が気になる収納ポーチ

以上、Lentionガジェット収納ポーチについてレビューしてきました。

再度このLentionガジェット収納ポーチについてまとめていきます。

 

Lentionガジェット収納ポーチのおすすめな点

Lentionガジェット収納ポーチのおすすめな点は、以下のとおりです。



ココがおすすめ


  • Apple Pencilの収納スペースがある
  • 1500円以下で購入できるコスパの高さ
  • 程よい大きさで収納スペースが多い

 

Lentionガジェット収納ポーチですが、運搬しづらいApple Pencil専用の収納スペースが用意されているため、iPadをよく利用される方にとっては非常に嬉しいポイントだと思います。

また程よい大きさのポーチとなっているため、カバンの中に入れても邪魔になりにくく、衝撃に強い作りとなっているため気軽にガジェット運搬できる点がいいなと感じました。

 

Lentionガジェット収納ポーチの注意点

またLentionガジェット収納ポーチの注意点については、以下のとおりです。

 

ココに注意


  • 小物の収納に不向き
  • チャックの質があまり良くない
  • 全体的に安っぽい作り

 

Lentionガジェット収納ポーチの注意点についてですが、小物の収納スペースが用意されていないため小さいガジェット収納するのに不向きな作りとなっておりました。

小物を収納するには別途小分けの袋を用意するなど、少し工夫が必要かなと感じました。

 

またLentionのポーチ全体に言えることですが、全体的に安っぽい作りであるなと感じました。

チャックの質やポーチ内部の作りなど、「とりあえずブランド名をつけてポーチを作ってみました」という印象を受けて、ユーザーのことを考慮した作りになっていない点が気になりました。

ただ価格が1500円程度でこれだけのニーズに対応したポーチはほとんど出回っていないため、今後も工夫しながら使用していきたいと思っております。

 

 

 

以上、パイクーでした。

 

-iPad, PC、スマホ周辺機器