iPad PC、スマホ周辺機器

【レビュー】FINTIEのApple Pencil用ハードケースを購入

Apple Pencilを外出先で使用するためのFINTIEのハードケースを購入。今までは安い筆箱を使用していましたが、しっかりとしたハードケースを使うことで安心して運搬することができるようになりました。

 

こんな方におすすめ

  • iPadでApple Pencilを使っている方
  • Apple Pencilの運搬方法に悩んでいる方
  • iPadで使用するアクセサリー類をまとめるケースが欲しい方

 

この記事の内容

  • FINTIEのApple Pencil用ハードケース
  • FINTIEのApple Pencil用ハードケースの使い勝手
  • FINTIEのApple Pencil用ハードケースの使用方法

 

ガジェット大好きなパイクーがお伝えします。

 

【レビュー】FINTIEのApple Pencil用のコンパクトなハードケースを購入

今回ですが、FINTIEのApple Pencil用のコンパクトなハードケースを購入したので、そのデザインや使い勝手などをレビューしていきたいと思います。

まずはFINTIEのApple Pencil用ハードケースを使用した結論は、以下のとおりです。

 

結論

  • Apple Pencilを安全に持ち出すことができた、iPadで使えるアクセサリー類をまとめることができて満足
  • ただもう少しだけ厚みがあるとさらによかったかも

 

FINTIEのApple Pencil用ハードケースですが、気になる点はあるものの購入して非常に満足しております。

では以下で詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

FINTIEのApple Pencil用ハードケースの外観

まずはFINTIEのApple Pencil用ハードケースの外観を確認していきます。

 

カラー展開は5種類

今回購入したカラーはグレーのモデルで、他にはブラックローズゴールドとなっております。

またデザインの入った銀河星座というのも販売されておりました。

 

ファスナー部分にブランドロゴ

FINTIEのブランドロゴですが、ファスナー部分にのみ入っておりました。

 

主張しすぎない程よいデザインでいいのですが、FINTIEの横にあるマークが子供っぽいイメージとなっている点が、少し気になりました。

 

EVA(合成樹脂)素材を使用

FINTIEのハードケースの表面の素材EVA(合成樹脂)を使用しており、肌触りは程よいざらつき加減でいい感じでした。

また防水性や防湿性、耐久性に優れており、安っぽさはなく高級感を感じられるデザインとなっています。

 

FINTIEのApple Pencil用ハードケースのサイズ(外寸)

FINTIEのApple Pencil用ハードケースのサイズ(外寸)をお伝えしていきます。

 

サイズ

  • 横幅:20cm
  • 縦幅:6.8cm
  • 厚み:3.4cm

 

FINTIEのApple Pencil用ハードケースのサイズですが、一般的なペンが10本くらい入る筆箱と大体同じくらいのサイズ感となっております。

 

FINTIEのApple Pencil用ハードケースの重さ

FINTIEのApple Pencil用ハードケースの重さですが、キッチンスケールで計測したところ89gとなっておりました。

 

丈夫なハードケースとなっている分、少し重くなっているかなという印象。

 

FINTIEのApple Pencil用ハードケースの内観

続いては、FINTIEのApple Pencil用ハードケースの内観を確認していきます。

 

FINTIEのApple Pencil用ハードケースの内寸

FINTIEのApple Pencil用ハードケースの内寸についてお伝えします。

 

内寸サイズ

  • 横幅:18.5cm
  • 縦幅:5cm
  • 厚み;0.9cm(片側のみ)

 

Apple Pencilは2本収納可能

上記の部分がApple Pencilの収納部分となっており、Apple Pencilを2本まで収納することが可能となっております。

 

小物収納スペースあり

内部には少しですが、小物を収納できるスペースが用意されていました。

 

厚みのあるものを収納することは難しいですが、イヤフォンやケーブルなどの小物であれば、十分収納することができそうです。

 

FINTIEのApple Pencil用ハードケースに収納してみた

ではここからは実際に、FINTIEのApple Pencil用ハードケースに収納していきたいと思います。

 

Apple Pencil第2世代の収納

まずはApple Pencil第2世代の収納を行ってみたいと思います。

 

内側の収納スペースに入れてみたところ、とても簡単に収納することができました。

 

ペンシルをすんなりと収納することができ、バンドから外れてしまうような感じも特にありませんでした。

 

Apple Pencil第1世代の収納

続いてはApple Pencilの第1世代を収納してみました。

こちらも先程の第2世代と同様、簡単にスッと収納することができました。

 

横から見ると上記のような感じですね。

高さもちょうどよく収まっており、第2世代のApple Pencilと同様に外れてしまう心配もありませんでした。

 

試しにApple Pencilを2本収納してみましたが、こちらも問題なく収納することができました。

見栄えも良くていい感じですね。

 

USBハブの収納が可能

筆者が普段使用している、iPad Pro用のHYPER DRIVEのUSBハブ(厚みは大体1cmくらいのもの)を収納できるかどうか試してみました。

 

FINTIEのケース内の小物スペースにUSBハブを収納してみたところ、簡単に収納することができました。

厚みが1cm程度のものであれば、ちょうど収納できるようです。

 

ちなみにHYPER DRIVEのUSBハブについては以下の記事でまとめてありますので、気になる方は参考にしてみてください。

 

【iPad Pro用ハブ】HYPER DRIVEを購入したのでレビュー

続きを見る

 

アップル純正の20W充電器を収納

続いては、アップル純正の20W充電器を収納していきたいと思います。

 

バンドに収納できたものの、

ケースを閉じることができなかった

上記のようにバンドを使用してケースを閉じようとしたところ、Apple Pencilと電源アダプタが干渉してケースを閉じることができませんでした

 

バンドを使用せずに収納してみた

バンドを使用せずにケース内に電源アダプタを置いて、ケース内に収納できるかどうか試してみることにしました。

この段階ですでに、アップル純正の20W電源アダプタとApple Pencilが若干ですが干渉しておりました。

 

アップル純正の20W電源アダプタは横幅が4.3cmと少し厚くなっているため、Apple Pencilと少し干渉してしまうみたい。

 

バンドを使用しなければ収納は可能

蓋を閉じてファスナーを閉めると、

若干膨らむものの、収納することができた

上記のように、ケースが若干膨らんでしまうものの、ファスナーを閉めて収納することができました。

ただこの時の注意点としては、閉めるときに少し力が必要であることと、少し膨らんでしまっているため見栄えが悪くなってしまっていることですね。

 

注意ポイント

アップル純正20W電源アダプタを収納することはできるが、閉めづらくなるなり見栄えも少し悪くなる

 

アップル純正5W電源アダプタは問題なく収納可能

ちなみにですがアップル純正の5W電源アダプタであれば、20W電源アダプタよりも厚みが薄いためバンドに止めた状態でも収納することができました。

 

ただ問題はアップル純正5W電源アダプタの出番がほとんどないことかな。

 

FintieのApple Pencil用ハードケースを1週間使用した感想

FINTIEのApple Pencil用ハードケースを購入してから1週間ほど使用してみた感想をお伝えします。

現在の使い方ですが、ケース内には以下のガジェットを入れて使用しております。

 

ケース内のガジェット

  • Apple Pencil第2世代
  • Anker Nano II 30W
  • iPad Pro用のUSBハブ HYPER DRIVE
  • アップル純正のUSB TYPE-Cケーブル 1m

 

今までは筆箱やガジェットポーチに入れて持ち運んでいたガジェット類ですが、最近ではiPad Proの運用が多くなったこともあり、iPad Proに必要なものをFINTIEのケースに収納して持ち運んでおります。

 

Ankerの30W充電器は厚みが2.8cm程度のかなり小さい充電器となっているのですが、FINTIEのケースに収めるにはギリギリとなっているため、さらに小さい充電器を購入しようかどうか悩んでおります。

 

ケース内にはあまり多く物が入らず厚みのあるものを収納することができないハードケースではありますが、必要十分なケースなのかなと感じており、快適に普段使いすることができています。

 

まとめ:Apple Pencilを安全に運搬できるケース

以上、FINTIEのApple Pencil用ハードケースのレビューについてお伝えしました。

FINTIEのApple Pencil用ハードケースについて、再度まとめていきたいと思います。

 

FINTIEのApple Pencil用ハードケースのおすすめな点

FINTIEのApple Pencil用ハードケースのおすすめな点については、以下のとおりです。

 

ココがおすすめ


  • 1000円台で購入できるハードケース
  • 安っぽさはなくしっかりとした質感
  • カラー展開が5種類と豊富に用意されている
  • 収納したガジェットをしっかりと保護してくれる
  • Apple Pencilの収納が簡単にでき、かつ出しやすい

 

上記のように、1000円程度で購入できる割に非常に質の高いハードケースとなっていると感じました。

Apple Pencilの持ち運びも安心で安全に運搬することができ、かつコンパクトに小物を収納できる点がいいなと思いました。

 

FINTIEのApple Pencil用ハードケースの注意したい点

FINTIEのApple Pencil用ハードケースの注意したい点については、以下のとおりです。

 

ココに注意


  • ペンシル以外の収納できる小物は最低限
  • 厚みが3.0cm以上のものは収納できない可能性あり

 

FINTIEのハードケースですが、収納できるもの容量が少なく、アップル純正20W電源アダプタのように横幅のある充電器や3.0cm程度の厚みのあるものは収納できない可能性があるので、ご注意ください。

 

事前にどういった小物を収納したいかしっかり計画してから購入すると失敗しづらいかもしれないですね。

 

ハードケース以外にソフトケースも販売されている

FINTIEのApple Pencil用ケースですが、今回購入したハードケースの他にもネオプレン製のソフトケースの販売もされておりました。

ハードケースのようなしっかりとしたものではなく、収納の少ない小さくて軽いApple Pencil用のケースをお探しの方は、こちらを購入するのがいいかもしれないですね。

商品が気になった方は、以下のリンクから購入ページにアクセスすることができますので、チェックしてみてくださいね。

 

今回紹介したハードケースモデルは、こちらから。

 

ネオプレーン製のソフトケースモデルは、こちらから。

 

以上、パイクーでした。

 

-iPad, PC、スマホ周辺機器

© 2021 パイクー