Windows PC

【予算10万円】ThinkPad E14 Gen2まとめ

2021年3月21日

LenovoのThinkPadシリーズの中でももっともコスパに優れた14インチのノートPC、ThinkPad E14 Gen2をまとめてみました。これからの新生活に向けてぴったりのノートPCだと感じました。

 

ThinkPad E14 Gen 2とは

  • 14インチLenovoノートPC
  • 最新CPUの第11世代インテル搭載
  • 10万円以下で購入できるコスパの良さ

 

この記事の内容

  • ThinkPad E14 Gen 2の外観
  • ThinkPad E14 Gen 2のインタフェース
  • ThinkPad E14 Gen 2は買いなのかどうか

 

Lenovoユーザーのガジェット大好きなパイクーがお伝えします。

 

ThinkPad E14 Gen2まとめ

今回はLenovoから発売されているThinkPadシリーズでも最も価格帯のお安いEシリーズの14インチのノートPCである、ThinkPad E14 Gen 2を紹介します。

まずは結論からお伝えします。

 

結論

ThinkPad E 14 Gen2はこれから大学生や新社会人になる方におすすめのノートPC

 

ThinkPad E 14 Gen 2は4月からの新生活に向けて新しいスタートを切る大学生の方や新社会人の方におすすめできる、万能なノートPCだと感じました。

では筆者がなぜそう思うのか、以下でお伝えしていきたいと思います。

 

ThinkPad E14 Gen 2の外観

まずはThinkPad E14 Gen 2の外観から見ていきます。

 

黒をベースとした色味

ThinkPad E14 Gen 2は14インチのノートPCで、ThinkPadらしい黒をベースとした色味となっております。

かわいらしいデザインを好む女性の場合は敬遠しがちなデザインかもしれませんが、汚れやキズが目立ちづらい色味となっているため、主にビジネス用途に向いたデザインとなっています。

 

アルミニウム素材を使用

ThinkPad E14 Gen 2のトップにはアルミニウムの素材が使用されており、ThinkPadのロゴがシンプルなデザインとなっております。

 

180度開く構造

ThinkPadでは上記のように、液晶画面を180度開くことが可能です。

この構造によって、自宅や仕事場でPCの画面を相手に見せやすく、また自宅で使用する際にPCスタンドに乗せた時にディスプレイの角度を調整しやすくなるメリットがあります。

 

インターフェースについて

ThinkPad E14 Gen 2のインターフェースについて見ていきたいと思います。

内容は以下のとおりです。

 

インターフェースの内容

種類 内容
USB Type-C 3.1 Gen 1、Thunderbolt 4対応
USB Type-A USB 3.1 Gen1
HDMI
イヤフォンジャック マイク・ヘッドフォンコンボジャック
USB Type-A USB 2.0
イーサネット RJ45
セキュリティキーホール

 

電源とUSB Type-Cが兼用

ThinkPad E14 Gen 2の特徴として電源用のコネクタは付属されておらず、USB Type-Cコネクタを使用して充電する形となります。

ThinkPad E14 Gen 2でSDカードやMicroSDカードを利用したい場合は、USB Type-CもしくはUSB Type-Aポートを拡張して使用する必要がありますのでご注意ください。

 

USB Type-Cを使ったハブやケーブル規格について別にまとめた記事がありますので、興味のある方はこちらをご覧ください。

AnkerUSB Type-Cハブ
【21年7月版】Anker(アンカー)のUSB Type-Cハブをまとめてみた

続きを見る

 

【便利】USB Type-Cケーブルの規格まとめ【商品比較について】

続きを見る

 

ThinkPad E14 Gen 2のスペック

つづいては、ThinkPad E14 Gen 2のスペックについてまとめてみました。

以下の表をご覧ください。

 

ThinkPad E14 Gen 2
CPU 11世代インテル
・Core i3-1115G4
・Core i5-1135G7
・Core i7-1165G7
メモリ 4~32GB
※ただしスロットは1つ
ストレージ 256GB or 512GB
ディプレイ 14.0型FHD液晶 (1920x1080) IPS
250 or 300nit
マルチタッチ対応モデルあり
100% sRGBモデルあり
狭額縁ベゼル
電源 65Wアダプター(USB Type-C)
内蔵カメラ 720P(シャッター付き)
指紋センサー あり
Wi-Fi Wi-Fi 6 AX201 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth V5.0
バッテリー 45Wh
キーボード 日本語、英語選択可
バックライトモデルあり
重さ 約1.59kg

 

メモリスロットが1つ

ThinkPad E14 Gen 2では、メモリスロットが1つのみ搭載されております。

そのためメモリを増やしたい場合は、メモリ容量の大きいものに交換して使用する形になります。

DDR4のメモリを最大で32GBまで搭載することができますが、デュアルチャンネルの場合と比較するとシングルチャンネルの場合グラフィックス性能が3分の2程度に下がることが報告されているので注意しましょう。

 

鮮明な100% sRGB液晶ディスプレイ

ThinkPad E14 Gen 2ではFHD解像度の100% sRGBの液晶ディスプレイを選択することが可能です。

100% sRGBの液晶は鮮明で高精細な映像を実現することができるため、写真編集や動画編集などの映像加工を行う作業でも問題なく作業を行うことができます。

またマルチタッチ対応の液晶も選択可能となっており、ディスプレイに直接指で触って直観的にPCを操作することができます。

 

日本語、英語配列の選択が可能

ThinkPad E14 Gen 2ではキーボードの日本語、もしくは英語配列の選択が可能です。

どちらのキーボードでもフルサイズの配列とはなりますが、英語配列の方がデザインとしてはすっきりしつつ、無駄のないキー配列となるため筆者は好きですね。

 

ThinkPad E14 Gen 2のおすすめポイント

ThinkPad E14 Gen 2のおすすめポイントをまとめてみました。内容は以下のとおりです。

 

ポイント

  • 100%RGB液晶ディスプレイ
  • キーボードの質の高さ
  • トラックポイントが便利

 

ひとつひとつ見ていきます。

 

100% sRGB液晶ディスプレイ

さきほどもお伝えしましたが、ThinkPad E14 Gen 2は100% sRGB液晶ディスプレイの選択が可能です。

ThinkPadの10万円以下で、FHDの100% sRBG液晶を選択できるモデルはほとんどありません。

他メーカーであるDELLやHPなどのコスパの高いモデルと比較しても多くは無いので、買いの商品であると言えるでしょう。

 

キーボードの質が高い

ThinkPad X1carbonのキーボード

ThinkPad E14 Gen 2だけでなくThinkPadシリーズの大きな特徴のひとつとして、非常にキーボードが打ちやすいという特徴があります。

筆者も以前はThinkPad X1 Carbonを使用していたことがあるのですが、キーボードがすごく打ちやすくてめちゃくちゃハマりました。

ノートPCで文章入力されない方はいないと思いますので、一度ThinkPadのキーボードを使用されると他のノートPCのキーボードが使いにくく感じてしまうほどです。

 

トラックポイントが便利

ThinkPadキーボードのもう1つの大きな特徴として、キーボードの中央に位置する赤いポッチ(トラックポイント)があります。

トラックポイントを使用すれば、ホームポジションから手を離すことなくマウスポインタを自由に動かすことが可能です。

この動作には多少の慣れが必要ですが、トラックポイントを使いこなすことができるようになるとトラックパッドすら使わずにマウス操作を行うことができるため、非常に便利です。

 

ThinkPadのキーボードとトラックポイントの使い勝手は、AppleのMacBookよりも使いやすいと思う。多分ノートPCとしては最強の使い勝手。

 

ThinkPad E14 Gen 2の注意ポイント

つづいてはThinkPad E14 Gen 2の注意ポイントをまとめてみました。

 

注意ポイント

重さが1.56kgと、ノートPCの中では重め

 

持ち運べない重さではない

ThinkPad E14 Gen 2は重さが1.56kgとなっており、比較的重めなノートPCとなっております。

自宅だけでなく会社やカフェなど、様々な場所で作業される方であればもしかしたら重さが気になってくるかもしれません。

ただ持ち出せない重さではないので、購入前に考慮する必要はあるかと思います。

 

自宅だけでなく外出先へ頻繁に持ち出したい方は、もしかすると重さがネックになるかもしれません。

 

まとめ:予算10万円以内でお探しの方におすすめ

以上、ThinkPad E14 Gen 2のまとめでした。

ThinkPad E14 Gen 2について再度おさらいしていきます。

 

おさらい

  • 14インチのノートPC
  • 100% sRGB液晶ディスプレイ選択可能
  • メモリは32GBまで増設可能(シングルチャンネル)
  • 日本語、英語配列の選択が可能
  • 他のPCで打てなくなるキーボード
  • 慣れると非常に便利なトラックポイント
  • ノートPCとしてはちょっと重めな1.56kg
  • 10万円を切るコスパの良いThinkPad

 

新生活におすすめの理由

ThinkPad E14 Gen2は新生活にぴったりのノートPCだと思う理由は、以下のとおりです。

 

新生活にぴったりの理由

  • 予算10万円で購入できる
  • 文字入力や画像編集などの幅広い用途に対応
  • 4年ほどしっかり使ってもフリマで売れる

 

ThinkPad E14 Gen2はまず、ハード面の質が高いにも関わらず価格が約10万円程度での購入が可能です。

これから新生活を始める方は少しでも予算を抑えたいもの。

予算10万円以内で質の高いノートPCをお探しの方にはちょうどいいPCだと思います。

 

またLenovoのThinkPadは製品の質も高く非常に人気のある製品なので、ヤフオクやメルカリを見ても4年前のThinkPadが普通に取引されている商品です。

長期的な目線で購入できる点もすごくいいですね。

 

 

以上、パイクーでした。

 

-Windows PC

© 2021 パイクー