開放バレーに参加してみた

【港区スポーツセンター】日曜日の開放バレーに参加してみた

2021年6月10日

先日ボクが参加した、港区スポーツセンターのバレーボール開放についてお伝えしていきます。めちゃくちゃ楽しかったので気になる人は絶対に行って欲しい開放ですね。

 

こんな方におすすめ

  • 港区にお住まいのバレーボール好きの方
  • レベルの高い開放バレーに参加したい方
  • 長時間バレーボールを楽しみたい方

 

この記事の内容

  • 港区スポーツセンターへのアクセス方法
  • 港区スポーツセンター開放バレーの練習内容
  • 港区スポーツセンター開放バレーに参加している方のレベル

 

バレーボールチームの運営に携わる、バレー大好きなパイクーがお伝えします。

 

港区スポーツセンターの開放バレーに参加してみた

緊急事態宣言が発令されている最中ではありますが、東京都内のスポーツセンターでは6月から営業が開始され、開放も再開されつつあります。

 

そんな中、6月6日(日曜)の13:15〜16:30で行われた、港区スポーツセンターの開放バレーに参加することができたので、記事にまとめていきたいと思います。

 

港区スポーツセンターの開放バレーに参加して感じた感想

今回港区スポーツセンターの開放バレーに参加して感じた感想としましては、以下のとおりです。

 

開放バレーに参加した感想

参加者のバレーレベルも高く、3時間以上しっかりと練習することができて、最高の時間を過ごすことができた

 

この日は参加している人数も多かったのですが、しっかりとバレーボールを行うことができて大満足の1日を送ることができました

 

では具体的にどんな内容となっていたのか、以下で詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

【港区スポーツセンター】開放バレーの開催時間

港区スポーツセンターで行われている開放バレーの日時と時間帯については、以下のとおりです。

 

会場 港区スポーツセンター
開催日 【水曜】18:00~22:00
【第1・3日曜】13:15~16:30
料金 港区在住、在勤、在学者:500円
一般(区外者):800円
小・中・高校生:100円
日曜の参加は区民無料、区民以外は800円
参加者 誰でも参加OK
定員 不明
コート数 2面
アクセス JR山手線・京浜東北線「田町駅」から徒歩5分
都営三田線・都営浅草線「三田駅」から徒歩5分
駐車場 記載なし
公式サイト 港区スポーツセンターみなすぽのblog

 

【港区スポーツセンター】アクセス方法

港区スポーツセンターへのアクセス方法について、お伝えしていきます。

 

 

最寄り駅はJRの田町駅、もしくは都営三田線・都営浅草線の三田駅となっており、どちらも徒歩5分程度の場所になります。

 

田町駅、もしくは三田駅からスポーツセンターに向かって歩いていくと、横断歩道が見えてきます。

 

横断歩道を渡ったら、右に曲がってまっすぐ歩いていきます。

 

建物を左手に見ながら、真っ直ぐに沿って歩いていきます。

 

まっすぐ歩いていくと、左手に「みなとパーク芝浦」と書かれた入り口があるので、そこから入場します。

 

「みなとパーク芝浦」を入場するとすぐ左手に黒い色の入り口が出てくるので、そこから入場していきます。

 

港区スポーツセンターの入り口は3Fにありますので、エスカレーターかエレベーターを使って上がっていきます。

 

3階に到着すると、港区スポーツセンターの入り口が見えてきます。

 

入場する時に体調管理シートと体温の測定

スポーツセンターの入り口では、体調管理シートと体温を測定するスペースが設けられており、記入をしてから入場する形になっていました。

 

開放バレーに参加する上で、特に入場制限は行っていないようでした。

 

券売機で入場料金の支払い

体調管理シートを書き終わったら券売機で料金を支払います。

 

料金について

  • 港区在住、在勤、在学者:500円
  • 一般(区外者):800円
  • 小・中・高校生:100円
  • 日曜の参加は区民無料、区民以外は800円

 

入場券はバーコードになっており、入場時と帰宅時の両方に必要となりますので無くさないように保管しておきましょう。

 

バレーボールの競技場所は5階

港区スポーツセンター公式サイトより引用

支払いが終わったら、5階にあります体育館(バレーボールの競技会場)に向かいます。

 

3階の入場ゲートを通ったら、左手にエレベーターもしくは階段があるので、そこから5階の競技場へ向かいます。

 

5階の体育館に到着

競技会場に到着したのが開放時間から15分後の13:30ごろだったのですが、すでにかなりの人が参加しておりました。

 

筆者は男子ネット側に参加したのですがだいたい10人くらい参加しており、反対の混合ネットの方ではすでにスパイク練習が行われていてすでに20人くらいの人が集まっていました。

 

【港区スポーツセンター】開放バレーの内容

港区スポーツセンターで行われている、開放バレーの内容についてお伝えします。

 

シート練習

この日筆者は友人と参加したので、とりあえずストレッチを行って一緒にパスと対人を行いました。

 

すると先に参加していた方から、「良かったら一緒にシートしませんか?」と誘っていただき、一緒にシート練習を行いました。

 

だいたい30分くらいシートを行ったのですが、その頃には段々と参加者が増えていて、シートに参加していない方に譲ったりしながら適度にアップを行いました。

 

スパイク練習

14:30くらいの時間になったところで、会場のスタッフの方からスパイク練習を行うよう促されました。

 

だいたい20分くらい、全体でスパイク練習を行いました。

 

会場のスタッフのかたが練習を促してくれるとすごくスムーズに進むから結構ありがたいね。

 

ゲーム

15:00過ぎくらいからゲームの時間となっており、16:30の終了時間まで、ひたすらゲームを行いました。

 

港区の開放バレーのゲームの特徴としては、以下のとおりです。

 

ゲーム時の特徴見出し

  • ゲームは25点マッチ
  • ゲーム時のメンバー決めは行わず、コートに入った人で適当にポジションを決めて行う

 

以前水曜日に参加した際は15点マッチだったのですが、日曜日の開放については25点マッチとなっていました。

 

またゲーム時のメンバー決めは特に行わず、コートに入った人同士で適当にポジションを決めて、ゲームを行うスタイルとなっております。

 

ゲームのメンバー決めを行わないため、一人で参加されている方もゲームに参加しやすく、開放時間よりも先に帰宅するときに気を遣わないでいい点はいい感じ。

 

参加者のバレーのレベル

港区スポーツセンターに参加している参加者のバレーボールレベルについてですが、男子ネット側の参加者については上手い人が多く、かなり高めでした。

 

そのためゲーム時に物足りなさを感じることはありませんでした。

 

港区の開放バレーを含めていろんな会場の開放に参加していますが、東京都内の開放バレーの中でも上位のレベルとなっているので、しっかりとバレーボールを楽しみたい方でも満足することのできる会場だと思います。

 

まとめ:ガッツリと練習したい方におすすめな開放バレー

以上、港区スポーツセンターの開放バレーについてお伝えしました。

 

港区スポーツセンター開放バレーのポイントをおさらいしていきます。

 

ポイント

  • 最寄り駅はJRの田町駅か都営の三田駅
  • 参加料金は500〜800円と少し高め
  • 開放に参加しているバレー参加者のレベルは高め
  • 日曜日の開放はしっかりと練習できるのでおすすめ

 

気になる方は是非とも参加してみてくださいね。

 

会場 港区スポーツセンター
開催日 【水曜】18:00~22:00
【第1・3日曜】13:15~16:30
料金 港区在住、在勤、在学者:500円
一般(区外者):800円
小・中・高校生:100円
日曜の参加は区民無料、区民以外は800円
参加者 誰でも参加OK
定員 不明
コート数 2面
アクセス JR山手線・京浜東北線「田町駅」から徒歩5分
都営三田線・都営浅草線「三田駅」から徒歩5分
駐車場 記載なし
公式サイト 港区スポーツセンターみなすぽのblog

 

 

以上、パイクーでした。

 

-開放バレーに参加してみた

© 2021 パイクー