Apple iPad ガジェット スマホ

【iPad】EWINの折りたたみキーボードについて【ちょっといまいち】

iPad用の外付けキーボードとして購入したEWINの折りたたみキーボードについてお伝えします。結論からお伝えすると、ボクにはちょっと合わないキーボードだなと感じました。なぜそのようなことになったのか、EWINのBluetoothがどういったものなのかについてお伝えします。

 

こんな方におすすめ

  • iPadでキーボード入力したい方
  • スマホなどでキーボード入力したい方
  • 手頃な価格帯のキーボードを購入したい方

 

この記事の内容

  • EWINの折りたたみキーボードについて
  • EWINの折りたたみキーボードの使い勝手について

 

iPadを毎日愛用しているパイクーがお伝えします。

 

EWINの折りたたみキーボードについて

先日iPad用の外付けキーボードとして購入した、EWINの折りたたみキーボードについてお伝えしたいと思います。

EWINの折りたたみキーボードを購入した理由としては、iPadでの文字入力を楽に行いたかったからです。

 

ソフトウェアキーボード

iPadは画面が大きくてどこへでも持ち運びが楽なすごく便利なデバイスで、文字入力に関してはソフトウェアキーボードという非常に便利なキー入力の方法があります。

ただ長文を作成する場合などはどうしても時間と労力がかかってしまいます。

iPadをPCのように使用したい場合には「外付けのキーボードがあると非常に便利ではないか?」と思い、EWINの折りたたみキーボードを購入しました。

 

EWINの折りたたみキーボードの付属品について

EWINの折りたたみキーボードの付属品については、以下のとおりです。

 

  1. 取り扱い説明書
  2. タブレット・スマホ用スタンド
  3. 充電ケーブル(USB Type A-B)

 

タブレット・スマホ用スタンドについて

EWINの折りたたみキーボードを購入すると、タブレットやスマホで使用できるスタンドが付属していました。

 

上記写真のように、使用するデバイスの角度を微調整することができるため、使用する環境に合わせて使用することが出来るのはいいですね。

 

10.5インチのiPad Airで使用したところ、問題なく使用することができました。

スタンドとしてのクオリティは高く、かなり使い勝手はいいんじゃないかなと思います。

 

レザー調のデザインが美しい

EWINの折りたたみキーボードはレザー調のデザインとなっており、高級感がある雰囲気になっております。

今回筆者はゴールドのものを購入したのですが、すごくキレイな色味となっていました。

 

男性でも女性でも、幅広い人に使ってもらえるデザインがいいな。

 

EWINの折りたたみキーボードについて

EWINの折りたたみキーボードについて見ていきたいと思います。

最大の特徴としては、なんといっても2つ折りできる構造ですね。

 

キーボードを折りたたむことが出来ることで、カバンに入れて持ち運びやすくなったり、自宅のちょっとしたスペースに収納しやすくなるメリットがあります。

 

サイズについて

  • 横幅:290mm
  • 縦幅:99mm
  • 厚み:12mm
  • 重さ:157g

 

ただ2つ折りできる構造によって、キー配列が特殊な形になってしまっており、入力にコツが必要な点は注意ですね。

キー入力については後ほど詳しくお伝えします。

 

使用には充電が可能

EWINの折りたたみキーボードですが、バッテリーが内蔵されている充電式のBluetoothキーボードとなっております。

本体側面にUSB Type-Bの充電口がついており、そこから充電して使用することができます。

 

一度満充電してしまえば、60時間はバッテリーが持つとのこと。またキーボードを開閉するだけで、自動で電源がON/OFFされるのですごく便利です。

 

キーについて

キーボードの左側にはBluetoothの切り替えがあり、最大で3台の機器と接続することができます。

①、②、③番のキーそれぞれにタブレット、スマホ、パソコンなどを設定することで、EWINのキーボード1台でさまざまな機器への文字入力が可能になります。

 

キーボードの右側については、上の写真のとおりです。

「Y」、「N」のキーが少し変則的な形になっております。

また、「Delete」キーが大きめになっている点はいいのですが、「Enter」キーが少し小さめになっているのが気になります。

 

EWINキーボードの打鍵感について

EWINのキーボードはフルサイズのキーボードと同じくらいのキーストロークとなっており、キーを打ち込んだ時の感触は非常にいいです。

iPadのソフトウェアキーボードや、スマホでのフリック入力よりも楽にキー入力ができるのはいいですね。

 

EWINの折りたたみキーボードのキーについてですが、いくつか気になる点がありました。

 

EWINの折りたたみキーボードのキーについてですが、以下の点が筆者には合いませんでした。

 

ココがダメ

  • キー反応が悪い時がある
  • 単純にキー入力がやりづらい
  • キーボードを使用するのに「慣れる」必要がある

 

では具体的に見ていきたいと思います。

 

キーの反応が悪い時がある

EWINのキーボードはタブレットやスマホ、パソコンなどとBluetooth接続をすることで使用することができます。

ただこのキーボードを筆者の自宅で使用したときに、しっかりと入力しているはずがうまくキーが入力できていないときがありました。

何度も同じキーを入力してしまったり打ち間違いをしてしまうため、何度も修正しながら使用することになりました。

 

上記の原因についてですが、Bluetoothの規格が3.0となっており、古い規格のBluetooth接続で利用しているからではないかと考えております。

 

キーの入力がしづらい

EWINのBluetoothキーボードは2つ折りの構造となっているため、中央部分が変則的なキー配列となっております。

そのためキーの入力に関してはかなりやりづらいと感じてしまいました。

もちろん中央のキー配列については購入する前から分かっており、「使っていけば慣れるだろう」と思っていたのですが慣れるのが難しかったです。

 

中央部分のYとNのキーをどうしてもうまく押すことができず、何度もバックスペースで修正することに。

 

普段自宅でブログ記事やメールを作成する際は、Filcoのメカニカルキーボードを使用しております。

こういったフルサイズのキーボードと比較してしまうと、どうしてもEWINのキーボードは使いづらいと言わざるを得ないため、どういった用途で使用したいのか事前に考えておくのが良いかもしれません。

 

EWINの折りたたみキーボードは2000円台から購入可能

EWINの折りたたみキーボードですが、2000円台から購入が可能となっております。

iPadで使用するためのアップル純正スマートキーボードなどは2万円近い価格となっているため、購入するにはかなり手が出しづらいですよね。

EWINのキーボードであれば初期費用を抑えつつキーボードを使用することが出来るため、手が出しやすい点はいいですね。

 

まとめ:EWINの折りたたみキーボードは人を選ぶ

以上、EWINの折りたたみキーボードについてお伝えしてきました。

以下、まとめていきます。

 

EWINのGOODポイント

  • 購入しやすい価格帯
  • 高級感のあるデザイン
  • コンパクトに折りたためる
  • 重さがわずか157g

 

EWINのBADポイント

  • 中央部分のキー配列が特殊
  • キー入力するのに慣れが必要

 

個人的には、キー入力がどうしても慣れることができなかったため別のキーボードを検討しております。

 

Apple純正のスマートキーボードを購入

後日談ですが、iPad用の外付けキーボードとしてアップル純正のスマートキーボードを購入しました。

純正のキーボードだけあって、デザインやiPadでの使い勝手は最高にいい商品だと思いました。

 

文字入力をよく行う方は、フルサイズのキーボードがおすすめです。以上、パイクーでした。

 

 

created by Rinker
Apple(アップル)
¥18,480 (2021/04/22 21:32:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

-Apple, iPad, ガジェット, スマホ
-, , ,

© 2020 パイクー