ライフスタイル

【レビュー】JASON MARKKのシューズクリーナーを購入【簡単で快適】

2021年12月24日

YouTubeやブログなどで評判の良いシューズクリーナー、JASON MARKKを購入して使用してみました。実際にどれくらいキレイになるのか、お伝えできれば嬉しいですね。

 

こんな方におすすめ

  • スニーカーがお好きな方
  • 大事なシューズを自分で洗浄したい方
  • シューズを気軽に洗浄したいと思っている方

 

この記事の内容

  • JASON MARKKのクリーナーについて
  • JASON MARKKのクリーナーを使用する前と後の比較
  • JASON MARKKのクリーナーのメリット、デメリット

 

ガジェットや生活改善用品が大好きなパイクーがお伝えします。

 

今回ご紹介する商品は、こちら。

 

【レビュー】JASON MARKKのシューズクリーナーを購入

今回ですが、YouTubeやブログなどで有名なシューズクリーナー、JASON MARKKのシューズクリーナーについてレビューしていきたいと思います。

まずはJASON MARKKを使用して感じた結論から、ざっくりとお伝えします。

 

結論

  • 汚れが結構キレイになる
  • クリーナーの匂いがすごく良く快適な気分になる
  • ただし細かい汚れや傷はどうしても残ってしまう
  • そのため過剰な期待はしないように

 

ざっくりと以上のような感想となりました。

 

では以下で具体的に、どれくらいの汚れが取れるのか見ていきたいと思います。

 

JASON MARKKの開封

まずはJASON MARKKを開封していきたいと思います。

表紙については上記のような感じで、簡易的な袋に梱包されておりました。

 

商品の袋上部を破いて、中身を取り出していきます。

 

中に同梱されていたのは、シューズクリーナーのボトルブラシの2点のみとなっておりました。

Amazonなどで検索してみるとシューズクリーナー単体での販売も行われていたため、すでに別途ブラシをお持ちの方は代用することもできそうですね。

 

JASON MARKKを使って洗浄してみた

では実際にシューズを用意して、JASON MARKKを使って洗浄していきたいと思います。

 

注意ポイント

写真の一部には、汚れたシューズの画像がアップされているため、場合によっては気分を害してしまう可能性があります。その点はご容赦いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

今回JASON MARKKを使って洗浄していくシューズですが、白いスニーカーでお馴染みのアディダスのスタンスミスになります。

 

こちらのスタンスミスは購入してから約2年ほど使用したものになります。

購入してから1度も洗浄などをしていない状態のため、黒い汚れがかなり目立つ状態となっておりました。

 

購入してから2年ほど経過

全体的に汚れている

つま先から側面にかけて、全体的に汚れがかなり目立つ状態となっておりました。

 

よくこの状態で履いていたな。

 

スニーカーの汚れって気になるんだけど、どうしても洗浄するのが手間だから後回しにしがちだよね。

 

JASON MARKKを使用するための水を準備

JASON MRKKを使用する際に必要になるのが、ブラシを泡立たせるための少量の水になります。

そのため今回は、自宅にあったバケツに水を少し入れて準備しました。

 

ブラシの先端を水につけられる程度の小さいボウルがあればそれでも全然OK。

 

クリーナーボトルの内蓋を開ける

JASON MARKKのクリーナーボトルですが、購入した段階で内側に蓋がされておりました。

 

この蓋を開けて使用できるように準備しました。

 

ブラシに水をつけて濡らす

まずは同梱されていたブラシの先端部分を水に浸けて濡らしていきます。

ブラシ全体を濡らす必要はなく、先端の5mmくらいが濡れればOKです。

 

ブラシの先端にクリーナーを垂らしていく

ブラシの先端を水につけて濡らしたら、JASON MARKKのクリーナーをブラシに垂らしていきます。

クリーナーボトルの先端が小さく設計されているため液体がポタポタと少量だけ出るような仕組みになっているのですが、ブラシ全体に液体を少し垂らすくらいで十分な量になります。

 

ブラシの先端を再度水につける

クリーナーをブラシにかけ終わったら、再度水につけてブラシを濡らします。

 

シューズ全体をブラシで洗浄

ブラシを再度濡らしたら、シューズの汚れている箇所を中心にブラッシングしていきます。

 

クリーナーが思ったよりもしっかりと泡立つため、非常に洗浄しやすい仕様となっておりました。

 

洗浄し終わったらタオルでクリーナーを拭き取る

シューズ全体を洗浄し終わったら、タオルや布を使用してクリーナーを直接拭き取っていきます。

シューズの汚れがまだまだ残っている場合ですが、先ほど行った作業(ブラシを濡らしてクリーナーをつけ、再度水で濡らしてからシューズを洗浄)を1~5回ほど繰り返していきます。

 

JASON MARKKで洗浄した結果

洗浄した後のスタンスミス

洗浄を数回繰り返した結果、筆者のスタンスミスがどのくらいきれいになったのか、細かくみていきたいと思います。

 

つま先の比較

つま先部分の比較については、上記のような形となりました。

今回ですが洗浄してタオルで拭き取る作業を3回ほど行いましたが、黒く汚れていた大まかな部分の汚れはかなり綺麗になっていることがわかるかと思います。

ただ何度か洗浄を繰り返したものの、どうやっても汚れが落ちない箇所もありました

 

かかとの比較

続いてはシューズのかかとの比較をしていきたいと思います。

表面についた汚れはかなり綺麗になっており、元々の白い色が戻っているのがわかるかと思います。

ただ洗浄して気づいたのですが、汚れよりもところどころ付いている傷については、流石にどうしようもないよなと感じました。

 

シューズ側面の比較

シューズの外側

シューズ側面の比較について上記の画像を見ていただくとおり、もともとのスタンスミスの白い色が、全体的にしっかりと元に戻っているのがわかるかと思います。

 

数年履いていると元々の色味って忘れちゃうもんなんだなぁ。

 

シューズの内側

ただこちらの画像も見ていただくとわかるように、ソール部分の黒い汚れについてはかなり洗浄しづらく、どうしてもあまり綺麗にすることができませんでした。

全体的にはかなり綺麗にすることができるクリーナーではありますが、流石に新品の時のように綺麗にするのは難しいようですね。

 

まとめ:手軽で簡単に綺麗になるクリーナー

以上、JASON MARKKのクリーナーを使ってシューズを洗浄したレビュー、についてお伝えしました。

今回お伝えした内容を再度まとめていきます。

 

JASON MARKKのおすすめな点

JASON MARKKのおすすめな点については、以下のとおりです。

 

ココがおすすめ


  • シューズがとにかく白くなる
  • 香りが良くて心地よいシューズになる
  • 使用するクリーナーが少量のため複数のシューズを洗浄できる

 

JASON MARKKを使用することで非常に簡単にシューズを洗浄することができたのがよかったですね。

 

ブラシとクリーナーを使ってタオルで拭き取るだけで購入した時のようなシューズの色を取り戻すことができるのは非常に便利だと感じました。

 

JASON MARKKの注意したい点

JASON MARKKの注意したい点については、以下のとおりです。

 

ココに注意


中には取りきれない汚れもある

 

洗浄後のスタンスミス

全体的に綺麗にすることのできるシューズクリーナーではあるのですが、どうしても細かい部分の汚れについては綺麗にすることができませんでした。

購入する前、「JASON MARKKを使用すれば、ほぼ新品のシューズに生まれ変わる!」といったレビューをいくつか見かけたのですが、過剰に期待しすぎるとちょっとガッカリしてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

ただシューズ全体を簡単に綺麗にしたい!ということであれば、十分な性能を持った製品であることは間違いないと思うよ。

 

JASON MARKKを購入できるところ

ビームスの店舗にて

JASON MARKKのクリーナーを購入できるところについてお伝えします。

Amazonや楽天市場での購入はもちろん、実店舗であればロフトやビームスなどでの販売も行われておりました。

ネット販売よりも実店舗での販売の方が数百円ほど安く販売されているため、店舗で見つけた方はそのまま購入するのがおすすめです。

 

すぐに購入して試したいという方は、以下のリンクから商品をチェックしてみてくださいね。

 

 

以上、パイクーでした。

 

-ライフスタイル

© 2021 パイクー